令和3年11月5日(金)14時00分~16時00分【Zoom開催】

外国人材の活用方法について動向を知ることが出来ます。また、外国人材の採用・雇用・定着のポイントが分かります。

チラシPDFダウンロード

ミニセミナー詳細

外国人材の採用と雇用を具体化する上で、採用国の動向や成長性をリサーチすることが欠かせません。茨城県が取り組む重点4ヶ国(ベトナム・インドネシア・モンゴル・ミャンマー)の特徴を解説し、採用から雇用、そして定着に向けてのポイントを解説します。

対象者・こんな方におすすめです!

  • 県内の中小企業・小規模事業者
  • ※外国人材の活用に興味、関心のある方
  • ※外国人の雇用について理解を深めたい方
  • ※外国人労働者の各国の動向について知りたい方

内容

➀外国人材との共生
②アジアの労働市場と各国における獲得競争
③日本は魅力ある労働国なのか?
④重点4ヶ国のポイント解説
⑤採用から雇用、そして、定着に向けて

参加方法

新型コロナウイルスの感染症対策として「Zoom(ズーム)」を活用してのWeb開催(参加)になります。原則Zoomにて「ビデオをON」のご参加をお願いいたします。※Zoom参加が難しい方は事前にご連絡ください。

お申し込み

令和3年11月1日(月)17:00まで
以下「お申し込みフォーム」をクリックし必要事項をご入力の上、お申し込みください。
前日までにZoomアドレスをお送りします。

講師

茨城県外国人材支援センター 統括アドバイザー 吉澤 智也
茨城県外国人材支援センターの設立から統括アドバイザーとして勤務。海外の大学・研究機関、日本国内の大学・短大などでの講師歴に加え、民間企業では執行役員などを経験。アジアを中心に多くの社会活動に参加してきた経験から、「協働」と「共生」の視点で企業の採用と定着の実現に取り組んでいる。

チラシPDFダウンロード

お申し込みフォーム