0930,1008ミニセミナー

基礎編:令和3年9月30日(木)15時00分~17時00分【Zoom開催】

応用編:令和3年10月8日(金)15時00分~17時00分【Zoom開催】

リードタイムを組み入れた、モノと情報の流れ図による生産性向上の手法を事例と共にご紹介します。

チラシPDFダウンロード

ミニセミナー詳細

人手不足が顕著になっている中で、付加価値の向上、生産性の向上は必須の状況です。生産性を阻害する要因は、製品の流れと情報の流れが適切でない場合が多いです。リードタイムを考慮した生産性向上の手法をお伝えします。

対象者・こんな方におすすめです!

  • 県内の中小企業・小規模事業者
  • ※中小企業の経営者、現場責任者

内容

基礎編
①モノと情報の流れ図からの課題抽出
②課題と解決策
応用編
③指導事例の紹介
 ・良い流れを作る改善活動
 ・生産リードタイムの短縮

参加方法

新型コロナウイルスの感染症対策として「Zoom(ズーム)」を活用してのWeb開催(参加)になります。原則Zoomにて顔出しのご参加をお願いいたします。※Zoom参加が難しい方は事前にご連絡ください。

お申し込み

令和3年9月27日(月)17:00まで
以下「お申し込みフォーム」をクリックし必要事項をご入力の上、お申し込みください。
前日までにZoomアドレスをお送りします。

講師

東京大学モノづくりインストラクター いばらき中小企業グローバル推進機構登録専門家 国谷 晃雄
キヤノン(株)出身で、キヤノンにおいて数多くの生産革新事業を推進してきた。東京大学大学院「ものづくりインストラクター養成スクール」終了、茨城県をはじめ各県の生産性向上人材育成スクールの講師を務めている。
大手メーカーで設計・開発・資材購買・生産管理業務に従事。県内中小企業の受注獲得に向けた原価低減、生産管理に関する助言、大手メーカーからの発注案件獲得等の支援実績多数。

チラシPDFダウンロード

お申し込みフォーム